大阪市北区 天満・天六 脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
体験セッションの流れ
体験お問い合わせ

背中・二の腕・くびれ・他

肩こりが二の腕を太くする

こんにちは。

 

大阪市北区の天満・天六の
脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
Training Studio Rippleのパーソナルトレーナー末永です。

 

肩こりが酷く、頭痛が起きたり

 

激しい時は、吐き気を催すなんてことはありませんか?

 

僕のお客さんでも、肩こり(首こりも含めて)の方は多いです。

 

実は、タイトルの通り

 

肩こりだと二の腕が太くなってしまうんです。

 

もちろん、細くもなりづらいです。

 

なので、二の腕を細くしていこうとするなら

 

肩こりを解消していく必要があります。

 

なぜかというと、肩甲骨にポイントがあるからです。

 

以前にもお伝えした通り
※その内容は、こちらから。

 

二の腕を『キレイに』細くするためには、肩甲骨のポジションが重要です。

 

肩こりがある方は、普段の姿勢やカラダを動かしている時の肩甲骨のポジションがおかしくなっています。

 

肩甲骨のポジションがおかしいと、肩の動きもおかしくなってしまいます。

 

肩の動きがおかしいと、腕の筋肉を正しく使うことはできません。

 

二の腕の筋肉は、肩甲骨が安定するから正しく使うことができます。

 

そして、肩甲骨が安定するためには脇の筋肉が正しく使われる必要があります。

 

肩こりだと、この脇の筋肉が正しく使えていません。

 

なので、まずは脇の筋肉を使えるようにしていくところから始めます。

 

1種目だけそのトレーニングをご紹介しますね。

 

四つ這いになり、両手でしっかり床を押し、背中を丸くします。

 

これでもか、ってくらい丸くしてください。

 

特に肩甲骨のところの上の方の背中です。

 

強度を上げるなら、このまま両膝を1cm浮かす

 

さらに強度を上げるなら、膝を浮かした状態から足を後ろにスライドさせ、腕立ての状態でキープ。

 

脇の筋肉が聞いていたら正解です。

 

簡単にできそうで意外に難しいので、是非頑張ってやってみてください。

 

二の腕を細くするためは肩こりを解消する。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Training Studio Ripple 末永敦之

 

---------------------
【About Ripple ~どんなパーソナルジム?~】
初めての方へ
トレーナー紹介店内の雰囲気
Rippleオリジナルトレーニング
歪みを整えるということ

【体験セッションに関して】
内容お問い合わせ
LINEで簡単お問い合せ

料金に関することは、こちらから。

---------------------

インスタにトレーニング動画も載せています。
ご興味ある方は、こちらからどうぞ。

 

キレイな二の腕になるポイント

こんにちは。

 

大阪市北区の天満・天六の
脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
Training Studio Rippleのパーソナルトレーナー末永です。

 

お客さんからよく上半身のことも聞かれるので、たまには上半身のことについて。

 

あなたは、二の腕をキレイに細くするためにどんなトレーニングをしますか?

 

ただ二の腕のトレーニングをするだけでは、キレイに細くすることはできません。

 

どうせやるなら、『キレイ』に細くしたいですよね?

 

『キレイ』に細くするには、歪みを整えることは必須です。

 

そうするには、大きく3つのポイントを押さえる必要があると、僕は考えています。

 

そのポイントは、【肘の動かし方】と【手の使い方】と【肩甲骨のポジション】です。

 

肘の動かし方については、また機会があれば(笑)

 

それ以外の2つのポイントについて

 

まず、手の使い方についてですが

 

何かを持って二の腕のトレーニングするなら、持ち方(握り方)。

 

手を床などについてトレーニングするなら、手のつき方です。

 

ちゃんとするだけでも、二の腕への効き方がまるで変わります。

 

手のひらの筋肉や指を、キチンと使いたいですよね。

 

ポイントは、手のひらの筋肉を如何に使うかです。

 

次に、肩甲骨のポジションについてですが

 

肩甲骨はポジションが大事になってきます。

 

肩甲骨が寄ったまま(内転)、二の腕のトレーニングをしていませんか?

 

これだとキレイに細くなりませんよ?

 

肩甲骨は、しっかり開いた(外転)ポジションで行います。

 

肩甲骨を安定させてトレーニングを行いたいですね。

 

これらのポイントを押さえてトレーニングができれば

 

歪みを整えながら細くしていくことができるので

 

『キレイ』な二の腕を手に入れることができます。

 

是非、試してみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Training Studio Ripple 末永敦之

 

---------------------
【About Ripple ~どんなパーソナルジム?~】
初めての方へ
トレーナー紹介店内の雰囲気
Rippleオリジナルトレーニング
歪みを整えるということ

【体験セッションに関して】
内容お問い合わせ
LINEで簡単お問い合せ

料金に関することは、こちらから。

---------------------

インスタにトレーニング動画も載せています。
ご興味ある方は、こちらからどうぞ。

 

背中のたるみの撃退法!!

こんにちは。

 

大阪市北区の天満・天六の
脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
Training Studio Rippleのパーソナルトレーナー末永です。

 

たまには、上半身についてもお伝えします。

 

今日は、背中のたるみの撃退法です。

 

それには、肩甲骨の動きがめちゃくちゃ重要になってきます。

 

肩甲骨の動きをよくするためには、肩甲骨を開く(引き離す)ことをやっていきます。

 

どんなトレーニングでもです。

 

いい姿勢を作ろうとして肩甲骨を寄せすぎていませんか?

 

肩甲骨を寄せすぎてしまうと、肩や首がしんどくなってきます。

 

そして、背骨も硬くなっていきます。

 

そう、肩甲骨を寄せることばかりをやっていると

 

肩甲骨周りや背中の筋肉を変に使ってしまうんです。

 

また、骨盤にも悪い影響が出るので

 

下半身が変に太くなったり、何をやっても細くならない

 

といった原因にもなりかねます。

 

トレーニングも肩甲骨は寄せた方がいいとよく言われていますが

 

実は、肩甲骨は寄せない方がいいです。

 

ちなみに、やってみていただいたら分かると思いますが

 

肩甲骨を寄せるよりも、肩甲骨を開いた方がパワーが出ます。

 

日常生活動作やスポーツは、この肩甲骨が開いた状態が多いです。

 

なので、徹底して開いていきます。

 

この開くことを徹底してやっていくと

 

どんなことをやっても落ちなかった背中のたるみが、落ちやすくなってきます。

 

もちろん、二の腕のたるみにも効果があります。

 

そして、脚痩せ(太もも痩せ)やヒップアップにも効果がある方もいらっしゃいます。

 

肩甲骨は開く。

 

是非やってみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Training Studio Ripple 末永敦之

 

----------------------
【Training Studio Rippleってどんなパーソナルジム?】
トレーナー紹介店内の雰囲気
出来ることダイエット指導について

歪みを整えるということ

【体験セッションに関して】
内容お問い合わせWEB予約
LINEで簡単お問い合せ・お申込み

料金に関することは、こちらから。

 

キレイな上半身になるために必要なこと

こんにちは。

 

大阪市北区の天満・天六の
脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
Training Studio Rippleのパーソナルトレーナー末永です。

 

今日は、特に上半身のトレーニングをするに当たっての

 

手の付き方やダンベルやバーベルの持ち方についてお伝えしていきます。

 

あなたは、トレーニングしていますか?

 

または、これからしようと思っていますか?

 

過去にトレーニングをしていましたか?

 

僕は、フィットネスクラブに約6年半程いましたが

 

上半身のトレーニングをしている方で

 

手の付き方や持ち方をキチンとやっている方は、ほぼいませんでした。

 

パーソナルトレーナーでも少ないかと思います。

 

その手の付き方や、ダンベルやバーベルの持ち方を正しくするだけでも

 

効き方が全く違ってきますし、手首や肘、肩などの関節の負担も減らすことが出来ます。

 

早速、手の付き方から。

 

簡単には、手のひらに均一に体重をかけます。

特に、小指側に体重が乗る方が多いので親指側に体重を掛けるようにします。

 

まずは、これからです。

 

次に、ダンベルやバーベルの持ち方です。

 

こちらも簡単に。

 

持った時に、横から見ても前から見ても手首を真っ直ぐしておきます。
※ダンベル持って撮ろうとしたらうまく撮れなかったので、何も持ってないです。

 

よくあるパターンが、手首が返ってしまって外側に曲がっている方が多いです。

 

この辺にダンベルやバーベルが当たるように持ちます。

これらが崩れてしまわないように

 

手を付くトレーニングなら、腕立て伏せや倒立など

 

ダンベルやバーベルなら、ベンチプレスやショルダープレスなどの押すトレーニングからやってみてください。

 

それが出来れば、引くトレーニングの懸垂やローイング、ラットプルダウンなどもやってみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Training Studio Ripple 末永敦之

 

----------------------
【Training Studio Rippleってどんなパーソナルジム?】
トレーナー紹介店内の雰囲気
出来ることダイエット指導について

歪みを整えるということ

【体験セッションに関して】
内容お問い合わせWEB予約
LINEで簡単お問い合せ・お申込み

料金に関することは、こちらから。

 

二の腕をキレイに細くするには

こんにちは。

 

大阪市北区の天満・天六の
脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
Training Studio Rippleのパーソナルトレーナー末永です。

 

今日は、二の腕の細くする方法を少しお伝えします。

 

二の腕を細くするには、特に肩甲骨の動きが重要になってきます。

 

二の腕の筋肉って、肩甲骨に付着しているので

 

肩甲骨の動きが悪いと二の腕が変に太くなりやすいです。

 

なので、肩甲骨の動きが悪いまま二の腕のトレーニングをしていると

 

細くなるどころか、逆に変に太くなったという方もいらっしゃいます。

 

が、頑張ってたのに…

 

そうならないためにも、肩甲骨の動きをよくすること。

 

その方法で簡単なのは、バンザイです。

 

肩もしっかり挙げて、限界以上に手を上げます。

 

壁などでやると、比較的やりやすいと思います。

 

肩を下げてしまうと効果なしです。

 

正直、めちゃくちゃしんどいです。

 

よくお客さんにやってもらいますが、悲鳴を上げる方も…

 

中には、やみつきになる方も(笑)

 

今日ペアで来られた方にもやっていただきましたが

 

…叫ばれてました(笑)

 

 

バンザイの前後で二の腕の柔らかさをつまんで確認してもらったんですけど

 

バンザイした後は、二の腕が柔らかくなってビックリされてました。

 

そう、肩甲骨の動きが良くなり二の腕の張りがある程度とれ

 

二の腕が柔らかくなったのです。

 

張っている(硬い)二の腕は細くなりづらいです。

 

柔らかい方が細くなりやすいです。

 

柔らかくして、二の腕のトレーニングに入っていくと効果は高いです。

 

まぁ、柔らかくしてから二の腕のトレーニングじゃなく

 

二の腕のトレーニングで柔らかくしながら細くなるのが一番ですが…

 

その二の腕の効果的なトレーニングはまた次回に(笑)

 

このバンザイは肩こり・首こり改善にもいいので

 

是非やってみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Training Studio Ripple 末永敦之

 

----------------------
【Training Studio Rippleってどんなパーソナルジム?】
初めての方へ
トレーナー紹介店内の雰囲気
Rippleオリジナルトレーニング
歪みを整えるということ

【体験セッションに関して】
内容お問い合わせ
LINEで簡単お問い合せ

料金に関することは、こちらから。