大阪市北区 天満・天六 脚やせ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニング
体験セッション
体験お問い合わせ

ダイエット

キレイなお尻になれない!?美尻トレーニングの注意点

こんにちは。

 

大阪市北区の天満・天六の
脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
Training Studio Rippleのパーソナルトレーナー末永です。

 

今回は、最近流行っているお尻のトレーニングの注意点についてです。

 

美尻になるために、色んなお尻のトレーニングをされている方が多くいます。

 

きちんとしたやり方で出来ていますか?

 

前回お伝えした通り、正しく関節を動かせていないと
※前回の内容は、こちら

 

太ももが太くなったり、反り腰になる可能性も。

 

それだけならいいですが、そこから膝痛や腰痛になる可能性もあります。

 

お尻の筋肉は色々ありますが

 

その中でも、特に大殿筋という(赤い丸で囲んだところ)

 

 

お尻の一番大きい筋肉を正しく使ってあげないと

 

キレイなお尻にはなってくれません。

 

そして、見てわかる通り筋線維の走行が上の方は縦方向なのに対して

 

下の方は横方向になっています。

 

これが何を意味しているのか分かりますか?

 

この大殿筋は、股関節を伸ばすとき・股関節を外側に捻じるときに特に使うのですが
※この画像の伸展・外旋という動きです。(もちろん、外転・内転でも使います。)

 

筋線維の走行から考えると、出来るだけ捻じらずに使ってあげた方が

 

お尻の上の方に効きます。

 

で、捻じって使ってしまうとお尻と太ももの境界線のところのお肉が取れづらくなってしまいます。

 

そして、そして

 

この大殿筋って厄介なんですよ。

 

大殿筋は膝の外側まで続いている靭帯に移行するので

 

 

正しくトレーニング(動かさないと)しないと、太ももの外側が張ってしまいます。

 

もちろん、股関節の動きも悪くなり骨盤も歪みます。

 

嫌ですよね。

 

じゃあ、なるべくそうならないためには。

 

まず、お尻の筋肉(大殿筋)を一番使うところは

 

一番股関節が曲がっているところから、股関節を伸ばしていくときです。

 

なので、しゃがむことが出来るかどうかがポイントになります。

※必ず、踵はつけたままです。

 

しゃがむ(うんこ座り)ことは、最大に股関節を曲げることが出来るからです。

 

正しくしゃがむには、股関節がキチンとハマってないといけません。

 

股関節が、最大に滑らかに動くかどうか。

 

それが出来ると、太ももの外側は張りにくくなります。

 

また、太ももの前や腹筋などを一緒に使うようなトレーニングをすると

 

より相乗効果が望めます。

 

そうなってくると、お尻は結構上がってくるので

 

脚も長く見えます。

 

「それって、どんなトレーニング?」ってこは、また次回に(笑)

 

色々な流行のトレーニングはありますが

 

人間の正しい動きは決まっています。

 

その正しい動きをしていけば、自然と美尻になっていきます。

 

次回は、その脚痩せ・ヒップアップのトレーニングをお伝えしますね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Training Studio Ripple 末永敦之

 

----------------------
【Training Studio Rippleってどんなパーソナルジム?】
トレーナー紹介店内の雰囲気
出来ることダイエット指導について

歪みを整えるということ

【体験セッションに関して】
内容お問い合わせWEB予約
LINEで簡単お問い合せ・お申込み

料金に関することは、こちらから。

 

キレイになるための、そのトレーニングが逆効果!?

こんにちは。

 

大阪市北区の天満・天六の
脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
Training Studio Rippleのパーソナルトレーナー末永です。

 

痩せたい、太ももを細くしたい、ウエストを細くしたい、二の腕を…

 

などなど、身体を変えるためにトレーニングをするのですが

 

そのトレーニング、ちゃんとできてますか?

 

そもそも、そのトレーニングで合っていますか?

 

ちゃんとできていないと、頑張ってやっていることが

 

実は、マイナスの方向に働いていきます。

 

今回の結論は、正しく関節を動かせているかどうかです。

 

そこがポイントです。

 

どのトレーニングにも当てはまります。

 

関節の動かし方一つで、筋肉の形が変わり歪みもとれます。

 

関節を正しく動かせていると、ビックリする程の変化が起こります。

 

もちろん、歪みも改善されます。

 

逆に言うと、動かし方を少しでも間違えると、一瞬で形は悪くなり歪みます。

 

そうなると、スタイルが崩れていくのが分かると思います。

 

どういう動きが正しくて、どういう動きがダメなのか

 

正しい動きをすれば、自ずとキレイな身体になっていきます。

 

僕はインストラクター時代も含めて、約6年半ほど大手のフィットネスクラブにいましたが

 

正しくトレーニング出来ている人は、ほとんどいなかったです。

 

いや、全くいなかったと言っても過言ではないです。

 

なので、トレーニングをしているのに

 

太ももが太くなってきた、いかり肩になってきた、ウエストのくびれがなくなった、などなど

 

たくさんの方を見てきました。

 

もちろん、筋肉の形だけを変えるのであれば、負荷の量次第なので

 

キレイに痩せる方も中にはいらっしゃいました。

 

でも、X脚やO脚、骨盤の歪みなどの骨格の歪みを改善していくことは、普通にトレーニングするだけでは無理です。

 

正しく関節を動かしていかない限りは、僕は不可能だと思います。

 

自分でトレーニングをするのもいいですけど

 

知識のあるパーソナルトレーナーに教えてもらうのが、一番の近道だと思います。

 

知っている人に教えてもらうのが一番ですよね。

 

正しく関節を動かして、歪みの少ない理想の身体を手に入れましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Training Studio Ripple 末永敦之

 

---------------------
【About Ripple ~どんなパーソナルジム?~】
初めての方へ
トレーナー紹介店内の雰囲気
Rippleオリジナルトレーニング
歪みを整えるということ

【体験セッションに関して】
内容お問い合わせ
LINEで簡単お問い合せ

料金に関することは、こちらから。

---------------------

インスタにトレーニング動画も載せています。
ご興味ある方は、こちらからどうぞ。

 

ダイエットで知っておくべき、太る原因

こんにちは。

 

大阪市北区の天満・天六の
脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
Training Studio Rippleのパーソナルトレーナー末永です。

 

前回、油(脂)は食べても太らないとお伝えしました。

 

前回の内容は、こちらから

 

じゃあ、何で太るのかってのが今日の内容です。

 

結論からお伝えすると、太る原因は炭水化物です。

 

中でも、果糖アルコールの摂りすぎが一番の太る原因です。

 

アルコールはわかるけど、果糖って何?

 

という前に…

 

『食べ過ぎ = カロリーオーバー』

 

要は『消費カロリー < 摂取カロリー』

 

で、太るとか言われていますけど

 

これ、間違いですからね。

 

何を食べ過ぎているのかで変わってきます。

 

消費カロリー > 摂取カロリーでも、痩せないことなんてザラにありますし

 

逆に、太るなんてこともあります。

 

その中でも、果糖やアルコ-ルばかり摂りすぎていると、カロリーを摂っていなくても太る可能性が高くなります。

 

では、今回の中身に移っていきますね。

 

脂質は太らない、いや太れないことは前回お伝えした通りです。

 

たんぱく質は、摂りすぎたら体外に排出されます。

 

体内に溜め込むことはできません。

 

なので、摂りすぎても太りません。

※もちろん、例外もありますが…

 

炭水化物は、『ある一定量までは太らないもの』と『摂った分だけ太るもの』とに分かれます。

 

一定量まで太らないのがブドウ糖

 

摂った分だけ太るのが果糖

 

ブドウ糖や果糖の詳しい説明は、また今度にでも(笑)

 

ブドウ糖がメインで含まれているのは、主食。

・・・・・ごはん(米類)、パン類、麺類、イモ類など

 

果糖がメインで含まれているのは、嗜好品。

・・・・・清涼飲料水、(アルコール)、甘いもの、果物(ジュース含む)など

※アルコールは果糖ではないですが、摂った分太るので今回ここに加えています。

 

果糖に関しては、記載している順に太りやすいです。

 

特に、お砂糖や果糖ブドウ糖液糖(清涼飲料水に入っています)・アルコール

 

一番気を付けないとダメですよ。

 

あなたはどうですか?

 

心当たりはありませんか?

 

そして、ブドウ糖はある一定量以上摂れば太るとお伝えしましたが

 

正直、主食を食べ過ぎて太ったという方を見たことがありませんし

 

自分でも、主食はいくら食べても太らないです。

 

僕は、基本1日3合くらいのごはんを食べます。

 

筋肉をでかくするときは、1日4合以上は食べますが

 

脂肪は増えません。

 

お客さんも主食をお腹いっぱい食べてもらっていますが、太りません。

 

逆に、締まっていったり痩せていったりします。

 

なので、特に果糖やアルコールのみを気を付ければいいと思います。

 

いかがでしたか?

 

太る原因は、果糖やアルコールの摂りすぎです。

 

しっかり見直していき、健康的にダイエットをしていきましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Training Stuido Ripple 末永敦之

 

----------------------
【Training Studio Rippleってどんなパーソナルジム?】
トレーナー紹介店内の雰囲気
出来ることダイエット指導について

歪みを整えるということ

【体験セッションに関して】
内容お問い合わせWEB予約
LINEで簡単お問い合せ・お申込み

料金に関することは、こちらから。

 

ダイエットの天敵、油(脂)を食べても太らない!?

こんにちは。

 

大阪市北区の天満・天六の
脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
Training Studio Rippleのパーソナルトレーナー末永です。

 

あなたは、油(脂)を食べると太ると思っていますか?

 

答えは、【太らない】です。

 

いや、【太れない】と言った方がいいかもしれません。

 

その解説をしていきますね。

 

炭水化物 → 4kcal/g

タンパク質 → 4kcal/g

脂質 → 9kcal/g

 

ですよね?

 

では、ザックリですがこれを基に基礎代謝を計算していきます。

 

※基礎代謝とは、全く動かなくても生命活動を維持するために消費されるエネルギーのことです。
内臓や心臓、肺などは絶えず働いていますよね。

 

まず、脳は炭水化物(ブドウ糖)を唯一のエネルギー源としており

 

1時間に約5gのブドウ糖を消費します。

 

なので、1日(5g×24時間=)120gのブドウ糖を消費します。

 

120g×4kcal/g=480kcal

 

脳で1日に480kcalは消費します。

 

次に、脳以外の内臓や筋肉などは脂肪を生きるエネルギー源としており

 

1日に100g程の脂肪を消費します。

※細い女性では少し減り、活発に動く男性となると200g程は消費します。

 

100g×9kcal/g=900kcal

 

脳以外の臓器で、1日に900kcalは消費します。

 

合わせて、1日に1,380kcalは消費します。

 

これを食事で賄っていきます。

 

脳で使われるブドウ糖は成人の男女であればほとんど変わらないので

 

変わるのは、脂肪のみということになります。

 

最低脂肪が100g、活発に動く男性なら200g。

 

100gの脂肪を摂ろうと思うと…

 

お肉で換算すると、約600gです。

 

※お肉には平均して15~20%程の脂肪(油)が含まれています。

 

普通に食べれますか?(笑)

 

無理な方が大半だと思います。

 

僕は普通に毎日、600g以上お肉は食べていますが…

 

活発な男性であれば、1.2kgのお肉です(笑)

 

それ以上食べると油(脂)で太ることができます。

 

なので、油(脂)を食べても太れないのです。

 

じゃあ、なんで太っちゃうの?

 

次回、説明していきますね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Training Studio Ripple 末永敦之

 

----------------------
【Training Studio Rippleってどんなパーソナルジム?】
トレーナー紹介店内の雰囲気
出来ることダイエット指導について

歪みを整えるということ

【体験セッションに関して】
内容お問い合わせWEB予約
LINEで簡単お問い合せ・お申込み

料金に関することは、こちらから。

 

ダイエットに役立つ◯◯の働き③

こんにちは。

 

大阪市北区の天満・天六の
脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
Training Studio Rippleのパーソナルトレーナー末永です。

 

前回の続きですね。

 

ダイエットに役立つ◯◯の働き①

ダイエットに役立つ◯◯の働き②

 

では、内臓の働きをよくする別の方法をご紹介します。

 

それは、油っこいものや食物繊維の多いものを避けるということです。

 

また、人によれば牛乳もですね。

 

要は、消化の悪いものを避けるということです。

 

牛乳は賛否両論ありますが

 

僕は、栄養もたくさん入っていていいと思います。

 

が、内臓に負担が掛かる人もいるので、そこは注意が必要かなと思います。

 

少しだけですが、内臓の働きをよくする方法が分かったところで

 

じゃあ、内臓の働きが悪い時ってどんな時なんでしょう?

 

一番わかりやすいのが、朝起きたときにお腹が空いているかどうかです。

 

下痢をしているときや腹痛のとき、体調を崩しているときや食べ過ぎが続いたときなどなど

 

お腹は空かないと思います。

 

そこを見ていき、どういう時に朝お腹が空きやすく

 

どういう時に空かないのかが分かってくれば

 

健康で、且つキレイにダイエットをすることができますよね。

 

分からないことなどあれば、直接お問い合わせいただければ

 

あなたに合った改善法をご提案させていただきます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Training Studio Ripple 末永敦之

 

---------------------
【About Ripple ~どんなパーソナルジム?~】
初めての方へ
トレーナー紹介店内の雰囲気
Rippleオリジナルトレーニング
歪みを整えるということ

【体験セッションに関して】
内容お問い合わせ
LINEで簡単お問い合せ

料金に関することは、こちらから。

---------------------

インスタにトレーニング動画も載せています。
ご興味ある方は、こちらからどうぞ。

 

ダイエットに役立つ◯◯の働き②

こんにちは。

 

大阪市北区の天満・天六の
脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
Training Studio Rippleのパーソナルトレーナー末永です。

 

前回の続きです。

 

ダイエットに役立つ◯◯の働き①

 

内臓の働きをよくするためにはどうすればいいと思いますか?

 

あなたに、僕がよくお客さんに伝えていることの一部をご紹介します。

 

一番簡単なのは、お腹が空いたら食べるということです。

 

ただそれだけです。

 

それだけで内臓の調子が上がる方が結構います。

 

よく聞くのが、お腹が空いていないのに食事の時間になったから食べると。

 

まぁ、全然問題のない方もいますが正直よくないです。

 

なんで??

 

お腹が空くということは、内臓(ここでは胃)がものを入れてもいいというサインでもあります。

 

そのサインを無視してものを入れるということを続けていくと、次第に内臓は疲労していきます。

 

消化って、内臓にとってすごく負担になるんです。

 

疲労した内臓は、本来の働きが出来にくくなり消化不良などを起こしやすくなってきます。

 

そしたら、栄養の吸収も悪くなりますよね?

 

栄養の吸収が悪くなると

 

脂肪を落とす、筋肉をつける、綺麗になる、免疫力を上げる…

 

そういったことが出来にくくなります。

 

ダイエットということに関して言えば
基礎代謝の約60%を内臓が占めているので、内臓の働きが悪くなると痩せにくくなります。

 

※筋肉をつけてもそんなに基礎代謝は上がりませんよ。
(微々たるもんです。)

 

こういうところから見ても、内臓の働きをよくしておくことはとても大切なんです。

 

次回は、内臓の働きをよくする別の方法をご紹介したいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Training Studio Ripple 末永敦之

 

---------------------
【About Ripple ~どんなパーソナルジム?~】
初めての方へ
トレーナー紹介店内の雰囲気
Rippleオリジナルトレーニング
歪みを整えるということ

【体験セッションに関して】
内容お問い合わせ
LINEで簡単お問い合せ

料金に関することは、こちらから。

---------------------

インスタにトレーニング動画も載せています。
ご興味ある方は、こちらからどうぞ。

ダイエットに役立つ◯◯の働き①

こんにちは。

 

大阪市北区の天満・天六の
脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
Training Studio Rippleのパーソナルトレーナーの末永です。

 

栄養をしっかり摂るのは大事ですよね?

 

食べた物からしか身体は作られませんよね?

 

もっと言うと、食べて吸収した栄養素からしか身体は作られませんよね?

 

そう、口から食べた物が全て吸収されるとは限らないんです。

 

吸収されるためには、しっかり分解・消化されなければなりません。

 

要は、内臓の働きが重要ということなんです。

 

例えば、胃の働きが悪いと胃であまり分解できず、消化不良のまま小腸へたどり着くので吸収しづらくなります。

 

そうすれば吸収されないものは、体外へ排出されるだけです。

 

こうなると、ただ内臓を疲労させただけになってしまいます。

 

内臓に負担を掛けただけですね。

 

なので、しっかり栄養を吸収するためには内臓の状態が非常に重要になります。

 

内臓に負担ばかり掛けていませんか?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Training Studio Ripple 末永敦之

 

---------------------
【About Ripple ~どんなパーソナルジム?~】
初めての方へ
トレーナー紹介店内の雰囲気
Rippleオリジナルトレーニング
歪みを整えるということ

【体験セッションに関して】
内容お問い合わせ
LINEで簡単お問い合せ

料金に関することは、こちらから。

---------------------

インスタにトレーニング動画も載せています。
ご興味ある方は、こちらからどうぞ。