大阪市北区 天満・天六 脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
体験セッションの流れ
体験お問い合わせ

歪み・姿勢

お尻がだいぶ変わってきました!

こんにちは。

 

大阪市北区 天満・天六
脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
Training Studio Rippleのパーソナルトレーナー末永です。

 

通い始めて2ヶ月くらいのヒップアップ目的のお客様。

 

現在、理想の半分くらいまでお尻が変化しているとのこと。

 

最初の要望は、『お尻の左右差をなくす』ことと『お尻のボリュームを出したい』とのこと。

 

トレーニングの流れは

 

【骨盤・股関節の歪み改善】→【太ももの筋膜リリース】→【太もも・お尻・腹筋の筋力アップ】

 

という感じです。

 

全てトレーニングです。

 

骨盤の歪みが酷ければ
お尻をキレイにヒップアップすることはできませんし

 

太ももが張っていても
お尻をキレイにヒップアップすることはできません。

 

現在は、歪み改善や太ももの筋膜リリースは少しの時間で、より筋力アップのところに時間を割いています。

 

歪みを整えること、筋肉の張りを取ることは

 

キレイにヒップアップするには必須のことです。

 

歪みや筋肉の張りを無視して、ただ筋トレしているだけでいいと思いますか?

 

筋トレだけで変わればいいかもしれませんが

 

変わらない人の方が多いと思います。

 

一人一人カラダは違います。

 

自分に合ったやり方で、カラダを変えていきませんか?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Training Studio Ripple 末永敦之

 

---------------------
【About Ripple ~どんなパーソナルジム?~】
初めての方へ
トレーナー紹介店内の雰囲気
Rippleオリジナルトレーニング
歪みを整えるということ

【体験セッションに関して】
内容お問い合わせ
LINEで簡単お問い合せ

料金に関することは、こちらから。

---------------------

インスタにトレーニング動画も載せています。
ご興味ある方は、こちらからどうぞ。

 

脚を細くするなら太ももの前を使う

こんにちは。

 

大阪市北区の天満・天六の
脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
Training Studio Rippleのパーソナルトレーナー末永です。

 

あなたは、脚を細くするためにどこをトレーニングしますか?

 

太ももの前が使い過ぎているから、太ももの前に効かないようにトレーニングをしていないですか?

 

これ、逆ですからね。

 

脚を細くするには、太ももの前を徹底的にトレーニングします。

 

「それじゃあ逆に太くならない?」

 

と、あなたは思うかもしれませんが

 

正しく太ももの前をトレーニングすることができれば、太くならず細くなっていきます。

 

正しくというのがポイントです。

 

正しくできていないから、トレーニングすることで脚が太くなるんです。

 

正しくできていないから、脚が細くならないんです。

 

例えば、あなたも知っているスクワット。

 

脚を細くするには、膝をつま先よりも前に出して行います。

 

これでもか、ってくらいしっかり膝を出します。

 

そうすることで、太ももの前に強烈に効かせることができます。

 

正しくできていると、1セット行うだけで太ももが細くなり、お尻もキュッと引き上がります。

 

一般的には、膝をつま先より前に出さないように、しっかりお尻を後ろに引きながらしゃがんで!

 

と言われ、太ももの裏とお尻に効かせようとするのですが…

 

お尻を後ろに引きながらしゃがんでいくと、めちゃくちゃしゃがみにくくないですか?

 

そして、股関節が詰まって最後までしゃがむことはできないかと思います。

 

股関節が詰まるということは、何か動きがおかしいということです。

 

なので、スクワットで脚を細くしようとするなら

 

膝をつま先より前に出し、太もも前に効かせながら行います。

 

某歌劇団のお客さんも、ずっと太もも前を使ってはダメだ!

 

と言われてきたらしく、なるべく使わないようにしてきたと、おっしゃっていました。

 

しかし、脚は細くなるどころか、逆に太くなっていく一方。

 

僕は、劇団のレッスンや筋トレで

 

太ももの前を意識して使うようにアドバイスしたのと

 

セッションでは、徹底して太ももの前のトレーニングを行いました。

 

すると、月2回のトレーニングで約2ヶ月半で2周り近くは細くなりました。

 

これは、びっくりするくらいの結果が出た例ですが…

 

脚を細くするには、太ももの前を使う!

 

まずは、スクワットから意識してやってみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Training Studio Ripple 末永敦之

 

---------------------
【About Ripple ~どんなパーソナルジム?~】
初めての方へ
トレーナー紹介店内の雰囲気
Rippleオリジナルトレーニング
歪みを整えるということ

【体験セッションに関して】
内容お問い合わせ
LINEで簡単お問い合せ

料金に関することは、こちらから。

---------------------

インスタにトレーニング動画も載せています。
ご興味ある方は、こちらからどうぞ。

 

肩こりが二の腕を太くする

こんにちは。

 

大阪市北区の天満・天六の
脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
Training Studio Rippleのパーソナルトレーナー末永です。

 

肩こりが酷く、頭痛が起きたり

 

激しい時は、吐き気を催すなんてことはありませんか?

 

僕のお客さんでも、肩こり(首こりも含めて)の方は多いです。

 

実は、タイトルの通り

 

肩こりだと二の腕が太くなってしまうんです。

 

もちろん、細くもなりづらいです。

 

なので、二の腕を細くしていこうとするなら

 

肩こりを解消していく必要があります。

 

なぜかというと、肩甲骨にポイントがあるからです。

 

以前にもお伝えした通り
※その内容は、こちらから。

 

二の腕を『キレイに』細くするためには、肩甲骨のポジションが重要です。

 

肩こりがある方は、普段の姿勢やカラダを動かしている時の肩甲骨のポジションがおかしくなっています。

 

肩甲骨のポジションがおかしいと、肩の動きもおかしくなってしまいます。

 

肩の動きがおかしいと、腕の筋肉を正しく使うことはできません。

 

二の腕の筋肉は、肩甲骨が安定するから正しく使うことができます。

 

そして、肩甲骨が安定するためには脇の筋肉が正しく使われる必要があります。

 

肩こりだと、この脇の筋肉が正しく使えていません。

 

なので、まずは脇の筋肉を使えるようにしていくところから始めます。

 

1種目だけそのトレーニングをご紹介しますね。

 

四つ這いになり、両手でしっかり床を押し、背中を丸くします。

 

これでもか、ってくらい丸くしてください。

 

特に肩甲骨のところの上の方の背中です。

 

強度を上げるなら、このまま両膝を1cm浮かす

 

さらに強度を上げるなら、膝を浮かした状態から足を後ろにスライドさせ、腕立ての状態でキープ。

 

脇の筋肉が聞いていたら正解です。

 

簡単にできそうで意外に難しいので、是非頑張ってやってみてください。

 

二の腕を細くするためは肩こりを解消する。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Training Studio Ripple 末永敦之

 

---------------------
【About Ripple ~どんなパーソナルジム?~】
初めての方へ
トレーナー紹介店内の雰囲気
Rippleオリジナルトレーニング
歪みを整えるということ

【体験セッションに関して】
内容お問い合わせ
LINEで簡単お問い合せ

料金に関することは、こちらから。

---------------------

インスタにトレーニング動画も載せています。
ご興味ある方は、こちらからどうぞ。

 

足指を握ると股関節の痛みが

こんにちは。

 

大阪市北区の天満・天六の
脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
Training Studio Rippleのパーソナルトレーナー末永です。

 

先日、半年振りに来られたエアロビクスをやっているお客さん。

 

駆け込み寺のような感じで、どこかを痛めると真っ先に来られます(笑)

 

何かあると真っ先に頼っていただけるのは本当に有難いことです。

 

今回は、右の股関節を痛めたとのこと。

 

激痛で、足を引きずるときもあるみたいでした。

 

姿勢や動作を見ると、左足首と右膝、左股関節で歪みなどが大きく出ていました。

 

その中でも特に、左足首の歪みです。

 

左足首の歪みを整えるために、足指を握るトレーニングを数種類行うと

 

右股関節の痛みは、10→2へと変化しました。

 

そして、もう1種類の足指を握るトレーニングを行うと

 

痛みは、2→0となりました。

 

結果的に、足指を握るトレーニングで痛みはなくなりました。

 

もちろん、これで終わりではなく

 

今回やった足指のトレーニングを、しっかりやっていただくようにお伝えしています。

 

よく、不思議と言われますが

 

痛みが出ているところは被害者で、別に加害者がいます。

 

今回は、被害者は右股関節、加害者は左足首といった感じでした。

 

今回行った足指のトレーニングは、インスタに何個か載せているので、気になる方はご覧ください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Training Studio Ripple 末永敦之

 

---------------------
【About Ripple ~どんなパーソナルジム?~】
初めての方へ
トレーナー紹介店内の雰囲気
Rippleオリジナルトレーニング
歪みを整えるということ

【体験セッションに関して】
内容お問い合わせ
LINEで簡単お問い合せ

料金に関することは、こちらから。

---------------------

インスタにトレーニング動画も載せています。
ご興味ある方は、こちらからどうぞ。

 

カラダを柔らかくするには

こんにちは。

 

大阪市北区の天満・天六の
脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
Training Studio Rippleのパーソナルトレーナー末永です。

 

時々、お客さんから「カラダを柔らかくするには、ストレッチをしっかりするしかないですか?」と聞かれます。

 

あなたは、カラダを柔らかくするために何をしますか?

 

何をした方がいいと思いますか?

 

僕は、トレーニング(エクササイズ)です。

 

トレーニングをすることによって、カラダを柔らかくしていきます。

 

お客さんにも、ほとんどストレッチは行っていません。

 

それには、理由があります。

 

ほとんどの人が、【カラダを柔らかくする=ストレッチ】だと思っています。

 

あなたも、そう思っているはず!(笑)

 

ストレッチをやっても、カラダが柔らかくなる人とならない人がいます。

 

この差は何だと思いますか?

 

一生懸命ストレッチを頑張っているのに、中々カラダは柔らかくならない…

 

それどころか、ストレッチを頑張りすぎて

 

腰が痛くなったり、もも裏や内ももが痛くなったりと

 

カラダを痛めて、僕の所へ来られる方もいらっしゃいました。

 

実は、カラダを柔らかくするには、筋肉を伸ばすストレッチだけでは無理なんです。

 

そこには、【歪み】【筋膜】【筋力】が大きく関係しています。

 

歪みがあると、関節のハマりも悪くなっているので、本来の可動域が出ていません。

 

また、筋膜が硬くなっていると、筋肉が正しく働かないので伸び縮みしづらくなっています。

 

最後に、筋力がないと、本来の可動域で筋肉を働かすことが出来ません。

 

そのどれもが欠けてはいけない要素。

 

なので、ストレッチだけではカラダが柔らかくならない人もたくさんいます。

 

僕はトレーニングでこの3つをやることによって、カラダを柔らかくしていきます。

 

歪みを整え、筋膜の動きをよくし、筋力アップもする。

 

まずは、歪みを整えることから始めてみてください。

 

歪みを整えるだけでも、結構柔らかくなるので。

 

是非やってみてくださいね。

 

ちなみに、ストレッチは強度の低い筋トレなんです。

 

知ってました?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Training Studio Ripple 末永敦之

 

---------------------
【About Ripple(リップルとは?)】
初めての方へ
トレーナー紹介店内の雰囲気
Rippleオリジナルトレーニング
歪みを整えるということ

【体験セッションに関して】
内容お問い合わせ
LINEで簡単お問い合せ

料金に関することは、こちらから。

---------------------

インスタにトレーニング動画も載せています。
ご興味ある方は、こちらからどうぞ。

 

膝の内側のたるみの取り方

こんにちは。

 

大阪市北区の天満・天六の
脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
Training Studio Rippleのパーソナルトレーナー末永です。

 

先日、膝の内側のたるみを取りたいという方がいらっしゃいました。

 

物心ついた頃からついていたらしく、膝の痛みもあるとのこと。

 

あなたは、この膝の内側のたるみどうやって取ります?

 

実は、歪みを整えていくだけで落ちるんです。

 

どこの歪みかというと、膝です。

 

徹底的に膝の歪みを整えるトレーニングを行いました。

 

座った状態や四つん這い、立ちしゃがみなどなど

 

ポイントは、以前にも紹介した

 

お尻の坐骨を踵に近づけるように膝を曲げていく。

 

これだけです。

 

これを、徹底してある筋肉を使っていきました。

 

※この内容の記事は、こちらから。

 

膝の歪み自体は、完全には整いませんでしたが

 

お客さんが見ても変化があるくらいは整いました。

 

そうすることで膝の内側のたるみが、10あったのが5くらいまでは取れていました。

 

また、ふくらはぎも細くなっていきました。

 

まだまだこの筋肉が弱いので、強くなってくればもっと歪みが整い、膝の内側のたるみは落ちていくと思います。

 

中々、細くならない所は歪みが大きく関係しています。

 

あなたも、中々細くならない・変化しない所があれば

 

歪みを整えてみてはいかがですか?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Training Studio Ripple 末永敦之

 

---------------------
【About Ripple ~どんなパーソナルジム?~】
初めての方へ
トレーナー紹介店内の雰囲気
Rippleオリジナルトレーニング
歪みを整えるということ

【体験セッションに関して】
内容お問い合わせ
LINEで簡単お問い合せ

料金に関することは、こちらから。

---------------------

インスタにトレーニング動画も載せています。
ご興味ある方は、こちらからどうぞ。

肩こりが顔を歪める!?

こんにちは。

 

大阪市北区の天満・天六の
脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
Training Studio Rippleのパーソナルトレーナー末永です。

 

あなたは、顔の歪みを気にしてますか?

 

誰しもが顔は歪んでいます。

 

顔の歪みが取れるだけで

 

むくみが取れたり

 

目がパッチリしたり

 

顎のたるみが取れたり

 

顔が小さくなったり

 

お肌の感じがよくなったり

 

化粧ノリがよくなったり

 

…などなど

 

挙げればきりがないですが。

 

僕は、顔の歪みを修正していく場合は、骨盤からやっていくんですけど

 

今回は、肩こりと顔の歪みの関係についてお伝えします。

 

肩こりがあれば、顔は確実に歪んでいます。

 

もちろん、首こりがあっても同じことです。

 

なぜなら

 

肩こりの時に張る筋肉が、頭蓋骨に付着しているからです。

 

意外にも、たくさんの筋肉が頭蓋骨に付着しています。

 

特に、後頭骨という後頭部に付着しています。

 

これらの筋肉が張るということは、筋肉が正しく働いていない証拠でもあります。

 

正しく働いていないということは、頭蓋骨は歪んでしまいますよね。

 

頭蓋骨が歪むということは、顔も歪むということです。

 

では、これら張っている筋肉を正しく働かせるために、あなたは何をしますか?

 

僕は、肩をすくませたり

 

猫背の姿勢で、しっかり背中を丸くさせたり

 

バンザイさせたりして

 

肩こりの筋肉が正しく働くようにしていきます。

 

それで肩が楽になれば、顔の歪みも少し整っていると思います。

 

後は、顔の筋肉を働かせていき、顔の歪みを整えます。

 

先日のお客さんでは、肩甲骨のアプローチで肩が軽くなり

 

左右のほおが揃い、目がパッチリしたのに驚いていました。

 

肩こりの解消が、顔の歪みを整える第一歩!

 

ちなみに、自分へ嘘をつくことを止めていっても顔の歪みは整いますよ。

 

嘘をついている人ほど、顔が歪んでいる。

 

この話は、またの機会にでも!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Training Studio Ripple 末永敦之

 

---------------------
【About Ripple ~どんなパーソナルジム?~】
初めての方へ
トレーナー紹介店内の雰囲気
Rippleオリジナルトレーニング
歪みを整えるということ

【体験セッションに関して】
内容お問い合わせ
LINEで簡単お問い合せ

料金に関することは、こちらから。

---------------------

インスタにトレーニング動画も載せています。
ご興味ある方は、こちらからどうぞ。

足首を整えて脚痩せ

こんにちは。

 

大阪市北区の天満・天六の
脚痩せ・ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ
Training Studio Rippleのパーソナルトレーナー末永です。

 

あなたは、踵をつけたまましゃがむことができますか?

 

じゃがむことができない、そんなあなた!

 

トレーニングしているのに、中々脚が痩せないのは

 

足首の硬さに原因があるかもしれません。

 

しゃがめなければ、足首が硬すぎる可能性があります。

 

足首が硬いと、膝や股関節などに過度に負担が掛かってしまいます。

 

ということは、その周辺の筋肉を変に過度に使い過ぎてしまうということになります。

 

その筋肉は、特にふくらはぎや太ももの前や外の筋肉です。

 

パンパンに張ってはいませんか?

 

では、足首を整えて脚痩せしていくためには…

 

足裏を使えるようにならないといけません。

 

足裏には、意外にたくさんの筋肉があります。

 

これらをしっかりと働かせられるようになる必要があります。

 

そのためには、足指を握るトレーニングです。

 

このブログに何回も出てきていますが、足指で拳の『グー』になるように握ります。

 

中々握れない方は、結構な期間がかかりますが

 

出来るようになると、足首も柔らかくなり、細くなるような脚の使い方になっていきます。

 

足裏は土台ですからね。

 

その土台がしっかりしていないと、その上にある足首の動きなんて出ません。

 

もっと言うと、その上の動きも…

 

足首を整え、脚痩せするために足裏のトレーニング。

 

あなたもやってみませんか?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Training Studio Ripple 末永敦之

 

---------------------
【About Ripple ~どんなパーソナルジム?~】
初めての方へ
トレーナー紹介店内の雰囲気
Rippleオリジナルトレーニング
歪みを整えるということ

【体験セッションに関して】
内容お問い合わせ
LINEで簡単お問い合せ

料金に関することは、こちらから。

---------------------

インスタにトレーニング動画も載せています。
ご興味ある方は、こちらからどうぞ。